読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Samurai

SamuraiのCEOのブログです。

先月創業6周年を迎えました。

約一年ぶりくらいの更新になります。

最速で2回更新して凍結させてしまいました。(笑)

 

やはり私には習慣的にブログを書くのは苦手なようです。

私の根っこは作り手で、自分の事は言葉でなくて、自分の出したアウトプットで周りの方に伝えればいいなどとサボる理由を自分のなかで作っておりました(笑)

 

この気持ちはいまも変わらないのですが私の語る言葉のなかから、周りの皆様が何かを感じてくださることもあるのかなと社員の説得?を受けまして更新をしてみた次第です。

今後はゆっくりとしたペースではありながら、色々と日々の思うことを更新していこうと思います。

 

さて、先月の7月6日をもちまして創業6周年を迎えることができました。

無事にここまで事業を継続してこれたのも、常日頃、多大なる支援をしてくださるパートナー企業様、当社製品をご愛顧いただいているお客様のお蔭です。

厚く御礼を申し上げます。

 

6年間やってきて思うのは、会社は社員で作られているのだと。

私どものような中小企業は、人で変わります。

 

どれだけいい人材を獲得できるのか!

いつも悩まされています。

 

いい人材というのは、ベンチャーであればスーパーマンのようになんでもこなせる人ですよね。

しかし、そんな人はうちに来ません。

そんな人は自分で起業します(笑)

私が定義するベンチャーでほしい人というのは、初めてのことに関してもスポンジのように吸収してアウトプットできる人や努力を惜しまない人だと思います。

 

彼が入社したのは、Samurai Rubyist Boot Campのブログを書いた頃でした。

彼はお世辞にもできる子ではありませんでした。

同時期に3人入社したのですが、天才肌の子がひとりいたこともあって、エンジニアとしてのセンスは正直イマイチの印象をうけていました。

 

それが今や、新しく入ってきた社員にペアプログラミングでプログラムを教えることができるまで成長しました。

他の社員と連携して、新しい技術を取り入れたり、より便利で快適にプログラムを書けるように開発環境を整備したりと目を見張る成長がありました。

 

彼の良いところは、プログラムが好きなところ。いわゆるマニアです。

好きなことには無我夢中でのめり込んでしまう。これが彼の弱点であり、誰にも負けない強みだと思います。

まだまだ、若いのでどんどん成長してくれると期待しているひとりです。

 

逆に、当社で私と合わないのはプロとしての矜持にかけている人ですね。

エンジニアであれば品質/生産性の高いコード、

営業であれば、クライアントがうなるような提案書を出すというアウトプットを出すのを目指して日々業務に努めているべきです。

  

当たり前ですよね。はい。

 

でも、それ以前に納期に間に合わせる必要があります。

 

納期に間に合わないとお金は一銭もいただけません。

納期に間に合わすのは大前提。

その上で自分の実力の限界まで追求したアプトプットをお客様に届ける。

 

 これがクライアントからお金をいただいて仕事をしているプロとしての矜持だと私は思っています。

 

もう40代、かなりの頑固なおっさんになっとります。

私自身、今からこの性格を変えろと言われても無理です(笑)

ですので、私のもとでプロとして仕事に情熱を燃やしてくれる人を歓迎しています!

 

 

一ヶ月でムキムキのRubyistに成長するSamurai RubyistBoot Camp!

求人 会社

f:id:samuraiblog:20150520165952j:plain

今回は私たちの最近の取組みであるSamurai RubyistBoot Campの紹介をしたいと思います。面接特にインターンの方とお会いする時は必ず聞かれるのであらかじめご紹介しておきたいということと、詳細を知っていれば応募してたなどという不幸なミスマッチを防げればと。

 

どんなことを学ぶのか?

あたりまえですがプログラミング言語Rubyとその上で動くフレームワーク Ruby on Railsを中心に学んでもらいます。しかし、それだけだったら自分で書籍を買って勉強することもできるともいえます。

そこでSamurai RubyistBoot Camp!では、もっとより体系的により現場でつかう技術にもフォーカスを当てて学習を進めてもらっています。

カリキュラムは全部で10項目に分かれており以下のような感じになっています。

  1. システム開発の手法を理解する
  2. 開発環境をセットアップする
  3. GITを使いこなす
  4. Rubyをやりこむ
  5. MYSQLをやりこむ
  6. HTMLをやりこむ
  7. JavaScriptをやりこむ
  8. Railsをやりこむ
  9. Bootstrapをやりこむ
  10. アプリをスクラム開発で作る

Rubyは4章、Railsは8章で学びますが、前述した通りシステム開発の現場ではそれ以外のことも知っておく必要があります。特に企業でエンジニア職につけば必ずチーム開発となります。

例えばシステム開発にはいくつかの開発手法がありますが、それらの紹介(1章)やソースコードのバージョン管理のスタンダードといえるGITの使い方(3章)なども学べるように出来ています。

Railsで開発をした方なら分かるかと思いますが、実はRailsRubyの知識だけでも簡単なCRUDアプリ位ならすぐに作れます。しかし画面上で一括更新をする処理を行いたい、フロント側で動的にValidationしたい、複雑な分析集計をしたいとかちょっとRailsの枠を外れようとすれば、別の知識を求められます。

分析集計をしたいのであれば、複雑なSQLを組み立てる必要がありますし、フロント側で動的なチェックなどをかけるということであれば、JavaScriptの知識が必要です。

全てを30日で覚えるのは不可能ですが、必要であるという事を認識してもらうためにこれらもカリキュラムには入れています。

何が必要なのかまず分からずに挫折したと言った声もあったのでこのようなカリキュラムにしています。

 

どんなふうに学ぶのか

ハンズオンでの講義形式 + 宿題(自己学習)という形式で実施しています。

例えばシステム開発の手法を理解するという章では、我々が採用しているアジャイル開発とそれに属する開発手法、スクラムやXPなどの説明と大手企業などで採用されているウォータフォール型の開発手法の特徴とをそれぞれの長所/短所などを講義形式で説明し、後で各メンバーはその講義の内容をQiitaでレポートに纏めるという形式を取っています。これは、メンバーが独学で勉強できない and してきていないという点を考量して講義形式とし、メンバーの理解度を確かめるために宿題としてレポート形式でまとめるというものを採用しています。

第4章Rubyは一番力をいれているカリキュラムです。独学形式で、まずは課題図書を読んでもらい課題図書のプログラムをひたすら写経してもらうという宿題をメンバーに与えます。その後、講義形式で課題問題を出し、クリアするごとに仕様変更の依頼をメンバーにだしてデザインパターンを意識しながら、オブジェクト指向メタプログラミングを駆使してもらいよりRubyらしく楽しくプログラミングをすることを学んでもらえるようになっています。

 

メンバーに注意してもらっている事

このカリキュラムは30日で学ぶという制限があるので、基礎を飛ばしつつ最速で必要なものを効率よく学べるように制作してあります。

ですので、継続して基礎に関しても勉強してもらう必要がありますし、もちろん応用となることも学んでもらう必要があります。

 

どんな人が向いているの?

冗談ではなく、このカリキュラム通りにやってRailsアプリが作れなかった人はいません。このカリキュラムと並行して現場で開発作業をやってもらいますが、まったく出来ない人はいませんでした。

ただ、カリキュラム通りにやれない人は厳しいかと思います。

別の某オンラインのRailsの研修プログラムを受けていたということなので本カリキュラムのレポート提出や宿題を免除していきなり現場の仕事をしてもらったメンバーがいるのですが、やはりうまくいきませんでした。

このカリキュラムはただIT技術を学ぶだけでなく、継続して学ぶ姿勢、未知の物を学習するための姿勢、モノづくりに対するエンジニアとしてのあるべき姿勢なども身につけてもらいます。

一件遠回りに見えるかも知れませんが、若いうちにみっちりエンジニアとしてのあるべき姿勢を身につけてもらっておいたほうが後々の伸びしろを増やす事につながると我々は考えています。

 

Samuraiでは人材を絶賛人材募集中です!

Samuraiでは正社員・インターン生問わずエンジニアを募集しています。

 

バリバリのRubyistの方はもう何もいいません。早く助太刀をお願います。

www.wantedly.com

 

PHPエンジニア、JavaエンジニアなんだけどRailsをやってみたいという方。

Samurai RubyistBoot Camp!をやれば大丈夫。安心して来てください。

www.wantedly.com

 

そしてエンジニアの卵なインターン志望の方。

これ以上インターン生が増えるとカオスな気がしますが是非。

www.wantedly.com

 

 

社長ブログを書く!

会社

社長ブログを書く!

f:id:samuraiblog:20150430145935j:plain

ついにブログを書く事にしました。

日記をつける習慣がない私は数々のブログを凍結させてきましたが、今回はどれぐらい持つのでしょうか?自分でも疑心暗鬼ですが、個人ではなく会社の代表という立場としてであれば、続けられるそう信じてやってみます。

 

そもそもなぜブログを今更始めるのか?

私を知る人は多分、会社を4年10ヶ月もやってきて今更ブログやるの?と思う方も多いかもしれません。会社としては導入事例や新商品などの情報発信はやってきましたが、会社の中のこと(風土とか文化とか)や、どんな事を目指しているのか、どんな風に社員に育って欲しいかなど求職者や現在のメンバーに向けて明文化することを怠っていたなと自己反省しています。

 

求職者の方は、Samuraiのサイトを見てから面接に来てくれるのですが、取引先は製品のことはある程度知ってきていただけるのですが、社内の雰囲気や目指すところなどはブラックボックスなので少し不安を与えてしまっているところがあるように思っています。

逆にもっと情報発信しとけばもっと多くの求職者に来ていただけたかなーという想いもあります。

社員に関しては、基本私があまり縛られたくないタイプの人間なんであーしろこーしろとかガミガミも言わないし、会社をどうしていこうとかも言わないようにしていました。

ただ、会社を大きくするには理想となる文化や風土が育っていく必要があると最近思っています。なんでそう思ったかは思い出すと痛みを伴うので書きませんが(笑)

特に文化や風土は小さいうちに浸透させてしまったほうがあとの人間が染まりやすいのでやるなら今のうち!と思っています。

 

あまり人に何かを語るのがすきなタイプではないですが、ここは一つ頑張って社員のみんなにこういう会社を作って行こうという言葉を残していきたいと思います。

 

最低限、2週間に1回更新を目指します。そうすれば24回も記事が書けるぞ!

 

 

 

 

広告を非表示にする